スポンサーサイト

0
    • 2015.07.28 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    一定期間更新がないため広告を表示しています


    NHK連続ドラマ「ごちそうさん」

    0

      NHKの連続ドラマをご覧になっていますか?
      人気の高かった「あまちゃん」の次は、「ごちそうさん」というドラマが、9月30日から始まりました。
      主人公は、杏さんです。

      気になる「ごちそうさん」のストーリーですが、主人公は杏さんが演じる「卯野め以子」です。
      彼女は、洋食レストランの家で生まれ、育ちました。
      とにかく、食べることが大好きな女の子です。

      東京生まれ、東京育ちの主人公が、大阪出身の西門悠太郎と結婚して、大阪へお嫁に行くのです。
      このストーリーだけ見ても、大阪と東京の味の違いで騒動が起きそうですが、それを通して主人公が成長していきます。

      洋食屋でそだった主人公ですから、考えてみれば、東京の味や洋食の味しか知らないわけです。
      その女性が、大阪に嫁ぐのですから、それは大変なことでしょう...。

      東京スカイツリーの特徴と基本コンセプト

      0
        江戸で育まれた「粋」と「雅」の二つのライティングが、1日毎に入れ替わる仕組みとなっています。
        「粋」は心意気ですし、「雅」は美意識の象徴と考えていいでしょう。
        新しい東京スカイツリーには、新しいスタイルのライティングが使われているのです。 

        東京スカイツリーの特徴は、何といってもライティングデザインでしょうか。
        夜になるとライトが灯され、幻想的なシルエットを浮かび上がらせるのです。

        今日から明日と、未来へ続くタワーと表現されています。
        タワーが近未来をイメージしているのと同時に江戸から続いてきた風景を継承しているのです。
        下町の歴史をほうふつさせるコンセプトなのです。

        基本コンセプトは、
        ・「下町〜東京〜日本へつながる地域性」
        ・「江戸〜現代〜未来へつながる歴史性」
        ・「地球にやさしく環境時代にふさわしい象徴性」
        の3つです。

        ライティングされて光っている部分と影になる部分が一体となることによって、美しい東京スカイツリーが出現するのです。


        東京スカイツリーの魅力

        0

          東京スカイツリーの建設期から、熱狂的なファンが出てきていましたよね。
          まだ、できてもいなかった時からも、タワーの魅力について、本が出版されていました。

          東京スカイツリーという名称は女性の人気を集めているのでしょう。
          20代から30代の女性に向けて、周辺の町を紹介しています。
          墨田区の昭和の風情を残したところに、行ってみたくなりませんか。

          東京スカイツリーが墨田区にできた背景には、この地域の商業の活性化に期待が集まっていることもあります。
          カフェや雑貨店なども東京スカイツリーを目当てとして、数が増えているのです。
          観光地として、集客効果が期待されていました。

          下町であったところが、一挙に観光地となるのです。
          元々の街並みを変えずに、昭和の雰囲気を残した店舗が増えるのではないかと思います。
          古民家をリサイクルしてできた、おしゃれなカフェは女性に人気のスポットになるでしょう。

          押上から業平橋、向島から曳船などには隠れた名所があるのです。
          これからの観光は、東京スカイツリーとその周辺でのんびりと過ごすことです。
          糸井重里さんもこの本の出版には一役買っているようです。
          これからの東京は、女性にとって面白くなるのでしょう。 

          冬の旅行メリット

          0
            冬の旅行はいろんなメリットがあるのです。 
            春夏秋冬、それぞれの季節にはそれぞれの特色があり、旅行を彩ってくれるものです。
            では、冬はどうなのでしょうか。

            冬の旅行のメリットといえば、
            ・やはり雪化粧
            旅行の計画を立てる人は、この季節にしか見る事のできない幻想的な光景を求め、相当に多いかと思います。
            特に、南の方に住んでいる方にとっては、雪というのは年々遠い存在になっています。
            ですからその景色を生で見るだけでも、かなりの価値があるといっていいでしょう。
            また、スキーやスノーボードを好んでいる人にとっても、この季節には旅行シーズンといえるのではないでしょうか。

            ・冬といえばやはり温泉
            温泉は寒い時期に入ってこその醍醐味、どの季節にもあるものですし、どの季節にも人気なのですが、味わいかたが違いますね。
            温泉旅行の頻度は冬が圧倒的に多く、温泉街も冬がかき入れ時で、色々なサービスがなされています。

            ・冬の味覚も侮れない
            食事といえば秋が一番ですが、冬も冬特有の料理が多々あります。
            その最たる例が鍋、ご当地の鍋料理が食べたくて旅行をするという人も、かなりいるかと思います。


            旅行のシーズンは?

            0
              冬の旅行はというと・・・冬も旅行に出る人は多かったりしますよ。
              春夏秋冬、どのような時期であっても、旅行というものは楽しいものですよね。

              春夏秋冬、どの時期が旅行が多いのでしょう
              春後半の5月が、一番多いのはではないでしょうか。
              ゴールデンウィーク!
              この時期に旅行が多い最大の理由は、この大型連休のある、ゴールデンウィークで間違いないでしょう。
              旅行に行きやすい条件が全て整っており、時間が取れるというだけでなく、気候的にも過ごしやすく、また、春前の卒業シーズンには、卒業旅行というイベントもありますよね。

              ・次は、やはり夏場でしょう。
              小中高生、そして大学生は大型の夏休みで、大体二ヶ月くらいですね。
              北海道や東北の学校では、夏休みが短く冬休みが長いという風習もあるようですが、多くの学校では夏休みが一番長いですよね。
              その機会に、家族旅行に行ったり、大学生であれば友達同士で遠出したり、という機会が数多く見られるでしょう。

              秋も旅行が多いシーズン
              なぜなら、大抵、修学旅行がこの時期に行われるからです。
              紅葉の美しい時期で、景色がたいへん色とりどりで、そして春と同じく気候的に過ごしやすいというところから、旅行に出かける人が多くなるのでしょう。
              また食欲の秋ですから、秋の味覚を楽しむ為に出かける人も多いでしょう。

              認定看護師の資格をとろう

              0
                医学の進歩に伴い、看護師の質向上が図られ、看護師の資格認定制度化がされました。
                専門看護師、認定看護師と呼ばれ、どちらも看護師ですが、高度な技術力を持つ、レベルの高い看護師と位置付けられています。
                認定看護師は登録制度です。

                転職などの求人においてはもちろん、待遇面で優遇されることは間違いありません
                看護師の高額求人と高給特集もあります。
                現在看護師の仕事をしているのであれば、認定看護師、専門看護師を目指してみませんか。
                現在の職場での実務経験が必要です。
                それは5年以上とされ、看護師として経験は十分でしょう。

                転職を検討している人で、雇用面の好条件のところへ転出を考えている人は、相当みえるかもかもしれません。
                認定看護師になるためには、専門の教育機関で学ばなければなりませんが、自分の能力アップをすることによって、待遇改善をする努力を惜しまないようにしましょう。

                サイドビジネスとしてのマンション購入

                0
                  資金を持っている人ならば、サイドビジネスとしてマンションを購入し、その賃貸料を収入にしようと考えている人も少なくないでしょう。
                  アパートやマンションは交通や商業施設、公共施設など利便性が求められます。
                  しかし、家賃が適正であれば事業化は可能です。

                  賃貸料金は周辺の類似物件を参考に適正な料金を設定しなければなりません。
                  また、建物や設備の維持や修繕の費用も必要です。
                  水漏れなどがないように、設備のメンテナンスは定期的に行う必要があります。
                  敷金や礼金の返還トラブルも多く起こっています。
                  一般的に、賃借人の通常の使用による畳の磨り減りなどは、貸す側に修繕義務があります。
                  経年劣化による自然消耗分は、借りた側の責任ではないからです。
                  賃借人が退去する際にトラブルにならないよう、負担区分をしっかりと定めておきましょう。


                  また、マンションの購入を迫る悪質業者も後をたちません。
                  自宅だけでなく、職場にまで何度も電話をかけてくるという被害が、多く国民生活センターにもよせられています。
                  高額な買い物となるので、必要のないものは断固許否することが大切です。


                  不動産によるサイドビジネスでは、不動産所得に関する税金知識も必要となります。
                  新たにマンションを購入する場合には、マンション購入資金だけでなく、不動産取得税などの税金や維持費費用などがかかってきます。
                  充分情報を得て知識を得たうえで、事業を開始するかどうかを判断してください。


                  クーリング・オフ

                  0

                    ◆クーリング・オフ
                    サイドビジネスと称しての悪質商法は後をたちません。
                    また、悪質商法でない場合でも、契約後、支払い困難などでやはり契約をやめたいという場合もあります。
                    そのような場合に一番簡単に契約をやめることができる方法がクーリング・オフです。
                    クーリング・オフはどの契約でも利用できるわけではありませんが、業者の承諾の必要のない契約解除方法であり、悪質商法などによる高額な商品の契約を防ぐなどの役割があります。

                    一般に知られているクーリング・オフ期間は8日間ですが、この期間も契約によって違いがあります。
                    訪問販売、電話勧誘販売、エステティックサービスなどの特定継続的役務提供、契約期間が1年を超える生命保険や損害保険契約は8日間です。
                    いわゆるマルチ商法である連鎖販売取引、内職商法などの業務提供誘引販売取引のクーリング・オフ期間は20日間です。
                    店舗外での宅建業者による宅地建物取引は8日間、店舗以外での海外商品先物取引の契約は14日間のクーリング・オフ期間があります。
                    クーリング・オフができる取引でも商品や取引内容によってできないものもありますので注意が必要です。


                    人気の東京スカイツリー

                    0
                      2009年から東京に建設された電波塔の名前は東京スカイツリーです。
                      東京スカイツリーは東京都民だけではなく、日本中の注目を集めています。
                      塔の高さはもちろん日本一です。
                      既存の東京タワーよりもはるかにしのぐ、634mなのです。
                      建設中にもかかわらず、多くの人が見物に訪れているのです。

                      東京スカイツリーの全貌を見るためには、ある程度離れたところから見なければなりません。
                      そのための見どころのマップなどがインターネットでも公開されているのです。
                      休日などにはたくさんの人が見物しています。
                      誰でも新しくできるものには興味があります。
                      建設中とはいえ、その高さには感動してしまうのではないでしょうか。
                      日本の建設技術は世界に誇ることができます。
                      その高い技術力をアピールできるのが東京スカイツリーなのです。

                      東京スカイツリーの建設目的は、観光名所を作ることではありません。
                      電波塔が本来の役割です。
                      高層ビルが建つと、その陰となる地域での電波障害が発生します。
                      それを改善するためには、高層ビルよりも高い塔が必要になるのです。
                      そのために東京スカイツリーは高くなっていくのです。
                      東京スカイツリーが建てられた場所は東京都の墨田区です。
                      この地域には東武伊勢崎線、東京地下鉄半蔵門線、京成押上線、都営地下鉄浅草線などがあります。

                      電波塔としての役割はもちろん第一なのですが、観光名所としての役割もあるも事実です。
                      建設が始められたころは地上デジタル放送がまだ本格化していませんでした。
                      2011年にテレビのアナログ放送が終了することによって、東京スカイツリーはデジタル放送用のテレビ塔となります。
                      開業は2012年5月22日予定です。

                      求人情報と試験監督のバイト

                      0
                        試験監督のバイトとはセンター試験、入学試験、トーイック、色彩検定試験、日本語検定などそれらの試験会場で、試験中の監督、案内、試験説明などをするという、文字通り「試験監督」のアルバイトです。

                        試験監督バイトの特徴としては、比較的仕事が楽で高時給だということがあげられます。
                        試験監督バイトの相場は日給の相場は8000円〜10000円とけっこう時給が高いので、その持ち時間をうまく過ごせる人にとっては、かなり魅力的なバイトです。
                        試験監督バイトは残念ながら求人が非常に少なく、採用されるのも簡単ではないのが現実です。

                        東京で試験監督のバイトを探す方法としては、アルバイト関連の求人情報雑誌やサイトで探す、各予備校のホームページや資格試験の主催者のホームページを探す、などの方法があります。
                        例えば、TOEFLの試験監督バイトのように、サイトで試験監督のアルバイトを直接募集している場合もあります。ほかにも、予備校や大学の掲示板でもみかけることがあります。

                        そのほか一般的に、求人広告を見る時に、どのようなポイントに気をつけたら良いのでしょうか?
                        仕事を探している人は、求人募集のフリーペーパーなどを見たり、ハローワークで求人募集の閲覧をしたりしますよね。
                        求人の情報を収集するには、たとえば看護師であれば高額求人と高給特集など、現在、いろいろな情報があります。
                        もちろん、インターネットでも仕事を検索できますし、デパートの掲示板などにも求人情報が掲載されていることもあります。
                        また、地域密着型の新聞や、無料で配られている情報誌、コンビニにおかれている求人雑誌など、いろいろあります。